poco a poco
日々のちっちゃな幸せをつづります。
プロフィール

poco

Author:poco
旅が 好き。
食べることが 好き。
ガーデニングが 好き。
ことばが 好き。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年も
紅葉してます。

コキア。
DSCF3131.jpg

それから、やっぱりブルーベリーの紅葉はキレイ。
本当に真っ赤な葉っぱになるんですよね~。
DSCF3137.jpg

バラも咲き続けています。
買ったときは黄色だったはずのミニバラ。
       DSCF3140.jpg
華やかな春のバラとは違い、秋のバラは深みと品が増して、
「凛とした」という言葉が似合う気がします^^
スポンサーサイト

大台ケ原②
だんだん道が狭く、険しく。
DSCF3060.jpg
で、おそらく大台ケ原の一番の見所、「大蛇」へ。
近鉄電車のポスターにもなっている絶景
・・・なのですが。
ザンネン無念、霧だらけ。
     DSCF3068.jpg
それでも大岩の端っこに立って、こやって見下ろすと、迫力です。
高所恐怖症のオット氏は、匍匐前進でなんとかクリアGOOD
DSCF3080.jpg
こんな具合ですから、雨が降らなかっただけ良しとしましょう。

さぁ、あとはだんだん勾配が急になる道を進むだけ。
     DSCF3079.jpg
石楠花?
これだけあれば、花が咲いているときは本当に見事でしょうね。
     DSCF3082.jpg
さいごの休憩は、しおから吊橋の下で。
大自然の中で食べる おにぎりは美味。
おにぎりパワーでラストスパート、最後の急な上りを終え、ゴール♪
14:45大台ケ原発のバスで帰路につきました。

私たちは結構ハイペースだったようで、バスまでだいぶ余裕がありました。
バスも、15:45のに乗る人が多いよう。

今回は筋肉痛にもならなかったし、成長かしら?v^ ^v
次回はもっといっぱい歩けるように、ジョグと筋トレ頑張ろう。




秋の日の結婚式
DSCF3120.jpg
とても裕福な家庭のお父さんが、息子をある田舎の村に連れて行きました。
お父さんは、そこに暮らす人々の貧しい生活を息子に見せたかったのです。
ふたりは、その村の非常に貧しい農家で数日間過ごしました。

そしてお父さんは息子にたずねます。

「今回の旅はどうだった?貧しい暮らしがどういうものか分かったかい?」

息子はこう答えました。

「うん。
うちには犬は1匹しかいないけど、あそこには4匹もいたね。
うちには大きなプールがあるけど、あそこの小川はずぅっと先まで続いてるんだよね。
僕たちは野菜を買わなきゃいけないけど、あの人たちは自分でつくることができるんだね。
うちの庭にあるのは輸入物のランタンだけど、あそこでは星が闇夜を照らしてくれるんだね。
うちのまわりには、僕たちを守ってくれる壁がぐるっとあるけど、あの人たちには守ってくれる友達がいるんだね。

パパ、ありがとう。僕たちは すごく貧しいんだってこと、よくわかったよ」

---------------------
うろ覚えだけどこんな感じのこのお話、
「ないものを嘆くのではなく、あるものを大切にしなさい」
というような言葉で締めくくられていました。

DSCF3127.jpg

連休初日、京都郊外での友達の結婚式。
庭園、庭園のもみじ、テラス・・・
気持ちいい秋の空気に包まれて、もちろん新郎新婦はとっても幸せそうで、
ふと、うえの話を思いだしたのでした。

大切なものを見逃さないように、と初心に戻りながら。。。
秋空の下、ウェディングケーキを喰らうワタシ。
デザートビュッフェ、2回も行ってしまいましたよ^^;

大台ケ原①
シルバーウィークも終わってしまい、
「シルバーがあるなら、ブロンズウィークも作って欲しいよねぇ」
と、ワーカホリックな先輩とメールしていたところです。
彼は色々飛び回って遊んだらしいですが、
私は懐事情が許さず、近場のみ。

9/22には大台ケ原に行ってきました。

上市駅まで近鉄電車で。
そこからバスが出ています。

祝日でも1日2本しかないバスなので、「予約できるんですか?」
telで聞くと、
「予約は必要ありません。絶対乗れますので大丈夫です!」
とのこと。

ほんまかいなー、と思いながら駅に着くと、なっとくなっとく。
バス会社のおっちゃんたちが、整理券を配ってくれます。
それで人数を数えて、なんとその場でどのバスを使うか相談してました。
「アレとアレつこーたらええんちゃう?」
「あっちの大きいのだしたらいいやん」
なんだか、ほのぼの。

そんな具合なので、無事8:35上市駅発のバスに乗り、10:16大台ケ原到着。

DSCF3018.jpg
紅葉にはまだ早いとはいえ、色づき始めた木もあり、空気はひんやり。

上着を着て、持って行ったおにぎりで腹ごしらえを済ませ、
東大台9キロコース、出発~!

DSCF3017.jpg
まずは緑がお出迎え。
木々の足もとの笹、まるできれいに刈り揃えられているかのようになっているのは、野生の鹿が食べるから、だそう。

整備された道を歩いていくと、すぐに日出ヶ岳の展望台に。
視界をさえぎるものなし!なんと富士山まで見えたりもする!
・・・らしいのですが、あいにく天気が悪く、霧だらけ。
DSCF3021.jpg
展望台を降りるとすぐに、正木ヶ原です。

そう、有名な原生林の倒木の景色です。
DSCF3035.jpg
昔は木々で覆われていた山。
伊勢湾台風により、木々が倒れ、苔がなくなり、かわりに笹が繁殖し、今の姿になったようです。
DSCF3036.jpg
神秘的?なんというか、自然の圧倒的な力を感じる気がします。

そして再び、笹ばかり。
DSCF3059.jpg
笹が繁殖するから、それを餌とする鹿もどんどん増え、鹿が増えるから、鹿に食べられる木が育たず・・・
実は色々と問題があるそう。

へー、ほー、と色々考えながら、いちいち感動しながら歩いていましたが、道が整備されて歩きやすかったのはここまで。
ここから先、wikiに書いてあった「普段運動をしない人にとって多少厳しい」の意味が分かりました。



28歳に
なりました。

なんてことなく普通にすごしましたが、
メールやプレゼントにびっくり&感激の1日。
いつも楽天的な私ですが、誕生日はいつも以上に「私って幸せだわ~」と思える日です。
(ケーキも2回も食べたしね・笑)

いつも気にかけてくれてありがとう。
大切なお友達たちに、ここで改めてmany many thanxかおくり抜きハート1くり抜きハート1くり抜きハート1

誕生日ディナーは、自宅にて
DSCF3014.jpg
この日クール宅急便で届いた「鶏」セット。

何も聞いてなかったので、びっくりしていたら、
送ってくれた友達いわく、
「とり年生まれが、28(ニワトリのニワ!)になったから、サプライズ。」だそうで。

「笑った?」

「大爆笑」

28歳、今日もココロはほくほくです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。